治療

先述もしたように、現在、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症の根治方法は見つかっていません。その為、対処療法という感じで薬が処方されます。
アルツハイマー型認知症に対しては、現在使用されている治療薬は大きく分けて2種類に分けられます。

コリンエステラーゼ阻害薬とNMDA阻害薬です。主にマイネルト基底核から投射される脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの活性がアルツハイマー型認知症では低下していることが分かっているため、その分解を促進するコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害薬が各国で承認を受け治療に使用されています。現在日本では3種類の薬剤が利用できます。

ドネペジルは現在重症のアルツハイマー型認知症で使用できる唯一の薬です。用量は1日あたり3-10mg。ただし、コリンエステラーゼ阻害薬に共通して最も多い副作用である消化管症状(吐き気・嘔吐・下痢)がみられます。ドネペジルの効果については一定期間進行を遅らせることができると考えられています。また最近では、貼り薬も開発され、利用できるようになっています。

レビー小体型認知症に対しては、認知症に対する治療とパーキンソン症状に対する治療があります。まず、認知症に対してはコリンエステラーゼ阻害薬が効果を示すとされています。先述のドネペジルパーキンソン症状を増悪させずに認知症に対する効果を示すと考えられていますし、リバスチグミンは中核症状だけでなく周辺症状(BPSD)の悪化を抑制したとの報告もあります。

パーキンソン症状については、レボドパやドーパミン受容体作動薬が用いられます。しかし気を付けなければいけないのは、レビー小体型認知症は、アルツハイマー型認知症と間違えられて診断されることが多いのです。しかも薬物に過敏に反応し(薬物過敏性)、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病の治療薬を通常量で投与することは逆に症状の悪化を招くことが多いのです。

特に、抗精神病薬に対する感受性が高く、悪性症候群をきたすことがあります。母親も、当初はアルツハイマー型と診断されていたため、ずっと相当量のアルツハイマー用に薬を服用しておりました。