認知症

認知症とは・・・

まず、認知症について理解しておく必要があるでしょう。
認知症とは、”単なるもの忘れ”と違って病気です。「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。

つまり、後天的原因により生じる知能の障害である点で、知的障害(精神遅滞)とは異なるのです。いくつもの種類の認知症がありますが、それらは誰もがかかる可能性がある、とても身近な病気の1つと言えます。認知症にはさまざまな原因疾患があり、中には早めに発見して治療すれば、治るものもあります。そのため、本人だけでなく家族や周囲の人の気づいてやることが大切です。

また、認知症にはほかの病気とは違って必ずと言っていいくらい、家族の介護や長年にわたるケアが必要になってきます。

認知症は日本では昔から「痴呆」と呼ばれてきましたが、2004年から「認知症」と呼ばれるようになりました。

認知症の初期症状としてよく知られている「もの忘れ」ですが、「加齢に伴うもの忘れ」は起きた事象の一部分を忘れてしまう症状のことなのに対し、「認知症によるもの忘れ」は起きた事象そのものを忘れてしまうという、大きな違いがあります。

例えば、「昨日スーパーで何を買ったか忘れた」という状態は「加齢に伴うもの忘れ」であるのに対し、「認知症によるもの忘れ」は「スーパーへ行ったこと」それ自体を忘れてしまうのです。

認知症の種類

認知症の種類としては、まず脳の神経細胞の異常が原因で起こる「変性性認知症」があります。

この「変性性認知症」には、よく知られたアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあります。この他に、脳梗塞など脳の血管の異常が原因で起こる「脳血管性認知症」、脳外傷や脳腫瘍、脳炎などで起こる認知症があります。

認知症で最も多いのは、変性性認知症の代表であるアルツハイマー型認知症で、全体の約50%を占めています。次いで脳血管性認知症およびレビー小体型認知症の20%で、これらは三大認知症と呼ばれています。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症、つまりはアルツハイマー病についてです。
認知症の中では誰もが知っているであろう、最も有名な病気ですが、今のところ原因不明です。よってアルツハイマー病を根本的に治療する方法は、今のところまだありません。

アルツハイマー型認知症(AD:アルツハイマー病)は、世界的に最も多い神経変性疾患です。正式名称では”Alzheimer’s basket cells”といいます。それは、1907年にドイツの精神科医であるA.アルツハイマー博士が初めて報告した病気のため、報告者の博士の名前が病名につけられました。

アルツハイマー病は、脳内で起こる様々な変化によって脳細胞の性状や性質が変わってしまうために起こります。脳の神経細胞が減少したり、変化することで、脳が萎縮しています。

健康な人であっても加齢とともに脳は萎縮しますが、アルツハイマー型認知症の人は、より速いスピードで脳が萎縮していきます。また、脳内のアセチルコリンという物質が減少するということがわかっています。アセチルコリンは、認知機能に深く関係している神経伝達物質です。アルツハイマー型認知症の人の脳では、このアセチルコリンを産生する酵素の働きが低下し、アセチルコリンの量が減少しています。

原因としては、病理学的な特徴とされる老人斑を構成するアミロイドβをその原因とする考えが主流になっています。アルツハイマー型認知症を患った人の脳には、茶色いシミのようなもの(老人斑)が多く確認されています。

このシミが「アミロイドβ」という異常なタンパク質が沈着したもので、単純な老化した脳にもしばしばみられる沈着でもあります。ただ、アルツハイマー型認知症患者の方の脳では、比較的早い段階からこの沈着が見られるのが特徴です。

65歳を境にしてアルツハイマー病は、2つに分けられます。
・65歳未満の場合 「アルツハイマー病(若年型や初老期発症型)」
・65歳以上の場合 「アルツハイマー型老年期認知症(老年期発症型)」

認知症との付き合い方

先述したように、認知症は最終的には全介護が必要になってきます。母親も現在、全介護が必要な状態です。しかも発症が高年齢になってからということもあり、老老介護の状態になってしまうことも多くあります。しかし、自分の連れ合いを施設に預けることに対しては、もの凄く抵抗感があり拒否されることが多くなります。事実、私のところもそうでした。

しかしもし介護している方に何かあったら、その介護されていた方はどうするのだということも含めて話をして、施設をうまく利用する方向で介護を進めていくようにしなければならないと思います。
また信頼のおける医者を見つけることが重要です。母親の場合もそうでしたが、ずっとアルツハイマー型だと診断されていました。なのでアルツハイマー用の薬を飲んでいたのですが、酷くなる一方でした。

ある時、病院をかえたらそこの先生が数日入院させて様子を見させてほしいといい、その結果、レビー小体型だといわれました。それから薬の量を減らして飲ませるようになったら、すごく落ち着いてきた感じでした。レビー小体型の認知症はアルツハイマー型と間違えて診断されやすいので、まずは入院させて様子を見ないといけないし、医者に知識がないと必ず間違って診断されるのだと、その医者は言っていました。

現在、母親の記憶の中に、私は存在していません。同じ敷地内で生活はしていますが、私が行くとものすごく興奮してしまいかえってよくない感じがして、あまり顔を見に行くことすらできない状態です。ですので、私にできることは、介護をしている父親をうまく息抜きさせてやったりするくらいです。家族の一員が認知症になると本当に大変です。介護疲れにならないよう、施設や介護福祉士さんなどとうまく連携し、介護を続けていくことが大切です。

私の勝手な思いですが、母親は元気なころ、ご飯の食材を買いに行く以外はあまり出かけることがなくずっと家にいることが多かったので、脳への刺激が少なかったため人市長になったのではないだろうかと。日ごろから人と接したり、いろんなものを見たり聞いたりして、脳に刺激を与えることは大切だなと思います。

治療

先述もしたように、現在、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症の根治方法は見つかっていません。その為、対処療法という感じで薬が処方されます。
アルツハイマー型認知症に対しては、現在使用されている治療薬は大きく分けて2種類に分けられます。

コリンエステラーゼ阻害薬とNMDA阻害薬です。主にマイネルト基底核から投射される脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの活性がアルツハイマー型認知症では低下していることが分かっているため、その分解を促進するコリンエステラーゼを阻害するコリンエステラーゼ阻害薬が各国で承認を受け治療に使用されています。現在日本では3種類の薬剤が利用できます。

ドネペジルは現在重症のアルツハイマー型認知症で使用できる唯一の薬です。用量は1日あたり3-10mg。ただし、コリンエステラーゼ阻害薬に共通して最も多い副作用である消化管症状(吐き気・嘔吐・下痢)がみられます。ドネペジルの効果については一定期間進行を遅らせることができると考えられています。また最近では、貼り薬も開発され、利用できるようになっています。

レビー小体型認知症に対しては、認知症に対する治療とパーキンソン症状に対する治療があります。まず、認知症に対してはコリンエステラーゼ阻害薬が効果を示すとされています。先述のドネペジルパーキンソン症状を増悪させずに認知症に対する効果を示すと考えられていますし、リバスチグミンは中核症状だけでなく周辺症状(BPSD)の悪化を抑制したとの報告もあります。

パーキンソン症状については、レボドパやドーパミン受容体作動薬が用いられます。しかし気を付けなければいけないのは、レビー小体型認知症は、アルツハイマー型認知症と間違えられて診断されることが多いのです。しかも薬物に過敏に反応し(薬物過敏性)、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病の治療薬を通常量で投与することは逆に症状の悪化を招くことが多いのです。

特に、抗精神病薬に対する感受性が高く、悪性症候群をきたすことがあります。母親も、当初はアルツハイマー型と診断されていたため、ずっと相当量のアルツハイマー用に薬を服用しておりました。

認知症の診断

認知症の診断は段階を追って検査が行われます。

①問診
 本人やその家族に対して日々の症状を聞いたり、本人との会話を通して記憶力の確認を行います。
②身体検査
 体の状態などから認知症かどうかを調べます。
③認知機能テスト
 医師からの質問に答える形式で、認知機能を評価します。多くは改訂長谷川式簡易知能評価スケールが用いられます。
④精密検査
 CTやMRIなどで脳の状態を調べたり、血液検査や尿検査などの検査を行います。若干の入院が必要になります。

母親の場合、脳神経外科医行きました。頭が重いとかいろいろな症状を言うので検査をしたのですが、全く異常なしということで、精神的なものからくるのではということで精神科へ回されました。そこでアルツハイマー型認知症と判断され薬を処方されました。田舎の小さな市民病院でしっかりした検査を行っていなかったこともあり、愛知県大府市にある「国立長寿医療研究センター」のもの忘れセンター外来へ連れて行きました。

そこでは先に挙げたとおりの順で③までの検査が行われました。その時も長谷川式といわれる検査をやったのですが、30点中27点といわれたのを記憶しています。それで間違いなく認知症ですと言われました。しかしもっとはっきりさせるために、入院して検査を進められました。当時世界に10台しかない検査機器があるからハッキリするといわれ、およそ一週間の検査入院をし、その時は、アルツハイマー型認知症だと診断されたのを記憶しています。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は日本で発見されたとされています。1976年以降に医師の小阪憲司によって世界的に知られるようになりました。レビー小体とはドイツの神経学者フレデリック・レビーによってパーキンソン病変の脳幹で発見され名付けられた封入体であり、大脳皮質にこれが多く認められることから、小阪によってびまん性レビー小体病と名付けられ、その後1995年イギリスにて行われた国際ワークショップにて現在の名称になりました。
症状はというと、幻覚(幻視)や妄想などがあげられるようです。非常にリアルな幻視が現れると考えられ、患者本人は具体的に「そこに人がいる」などと訴えてきます。

私の母親も、全く同じことを言ってきました。すごくリアルに人が見えるようで、寝室に歩いて行っては、「おい!誰だ」とか言っていましたし、食事の際も、自分がご飯を食べているにもかかわらず、自分のご飯を違う人が食べているように見えているようで、「私のご飯を食べるな!」と言いながら、ご飯を食べていました。やがて、アルツハイマー型認知症のような認知障害と、パーキンソニズムと呼ばれるパーキンソン病様の運動障害の両方が症状として表れます。歩く際に足をあげられなくなり、すり足のように歩き出します。徐々に進行し、最終的には寝たきりになってしまいます。

この病気の進行について、ある研究ではアルツハイマー病より進行が早く6年かそれ以内で最終段階に進むとされていますが、一方ではアルツハイマー病と変わらないという報告もあります。しかし、寝たきりになったり、死亡したりすることはアルツハイマー型認知症に比べると早く訪れるとしている報告があります。同年齢ではアルツハイマー病に比べて約2倍の死亡率で、平均的な寿命はアルツハイマー病85歳に対して78歳とされ、男性では1.5倍死亡率が上がるとされています。レビー小体型認知症の確定診断がでたあと、平均7年の余命だといわれています。私の母親は現在、確定診断が出て3年が経過しています。

しかし、このレビー小体型認知症はアルツハイマー型と間違われて診断されていることが多いのです。現に母親もアルツハイマー型といわれていました。病院を変えたことにより発見されたのですが、それ以前からだと考えると、余命がいかほどが・・・。