アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症、つまりはアルツハイマー病についてです。
認知症の中では誰もが知っているであろう、最も有名な病気ですが、今のところ原因不明です。よってアルツハイマー病を根本的に治療する方法は、今のところまだありません。

アルツハイマー型認知症(AD:アルツハイマー病)は、世界的に最も多い神経変性疾患です。正式名称では”Alzheimer’s basket cells”といいます。それは、1907年にドイツの精神科医であるA.アルツハイマー博士が初めて報告した病気のため、報告者の博士の名前が病名につけられました。

アルツハイマー病は、脳内で起こる様々な変化によって脳細胞の性状や性質が変わってしまうために起こります。脳の神経細胞が減少したり、変化することで、脳が萎縮しています。

健康な人であっても加齢とともに脳は萎縮しますが、アルツハイマー型認知症の人は、より速いスピードで脳が萎縮していきます。また、脳内のアセチルコリンという物質が減少するということがわかっています。アセチルコリンは、認知機能に深く関係している神経伝達物質です。アルツハイマー型認知症の人の脳では、このアセチルコリンを産生する酵素の働きが低下し、アセチルコリンの量が減少しています。

原因としては、病理学的な特徴とされる老人斑を構成するアミロイドβをその原因とする考えが主流になっています。アルツハイマー型認知症を患った人の脳には、茶色いシミのようなもの(老人斑)が多く確認されています。

このシミが「アミロイドβ」という異常なタンパク質が沈着したもので、単純な老化した脳にもしばしばみられる沈着でもあります。ただ、アルツハイマー型認知症患者の方の脳では、比較的早い段階からこの沈着が見られるのが特徴です。

65歳を境にしてアルツハイマー病は、2つに分けられます。
・65歳未満の場合 「アルツハイマー病(若年型や初老期発症型)」
・65歳以上の場合 「アルツハイマー型老年期認知症(老年期発症型)」

認知症との付き合い方

先述したように、認知症は最終的には全介護が必要になってきます。母親も現在、全介護が必要な状態です。しかも発症が高年齢になってからということもあり、老老介護の状態になってしまうことも多くあります。しかし、自分の連れ合いを施設に預けることに対しては、もの凄く抵抗感があり拒否されることが多くなります。事実、私のところもそうでした。

しかしもし介護している方に何かあったら、その介護されていた方はどうするのだということも含めて話をして、施設をうまく利用する方向で介護を進めていくようにしなければならないと思います。
また信頼のおける医者を見つけることが重要です。母親の場合もそうでしたが、ずっとアルツハイマー型だと診断されていました。なのでアルツハイマー用の薬を飲んでいたのですが、酷くなる一方でした。

ある時、病院をかえたらそこの先生が数日入院させて様子を見させてほしいといい、その結果、レビー小体型だといわれました。それから薬の量を減らして飲ませるようになったら、すごく落ち着いてきた感じでした。レビー小体型の認知症はアルツハイマー型と間違えて診断されやすいので、まずは入院させて様子を見ないといけないし、医者に知識がないと必ず間違って診断されるのだと、その医者は言っていました。

現在、母親の記憶の中に、私は存在していません。同じ敷地内で生活はしていますが、私が行くとものすごく興奮してしまいかえってよくない感じがして、あまり顔を見に行くことすらできない状態です。ですので、私にできることは、介護をしている父親をうまく息抜きさせてやったりするくらいです。家族の一員が認知症になると本当に大変です。介護疲れにならないよう、施設や介護福祉士さんなどとうまく連携し、介護を続けていくことが大切です。

私の勝手な思いですが、母親は元気なころ、ご飯の食材を買いに行く以外はあまり出かけることがなくずっと家にいることが多かったので、脳への刺激が少なかったため人市長になったのではないだろうかと。日ごろから人と接したり、いろんなものを見たり聞いたりして、脳に刺激を与えることは大切だなと思います。