認知症

認知症とは・・・

まず、認知症について理解しておく必要があるでしょう。
認知症とは、”単なるもの忘れ”と違って病気です。「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。

つまり、後天的原因により生じる知能の障害である点で、知的障害(精神遅滞)とは異なるのです。いくつもの種類の認知症がありますが、それらは誰もがかかる可能性がある、とても身近な病気の1つと言えます。認知症にはさまざまな原因疾患があり、中には早めに発見して治療すれば、治るものもあります。そのため、本人だけでなく家族や周囲の人の気づいてやることが大切です。

また、認知症にはほかの病気とは違って必ずと言っていいくらい、家族の介護や長年にわたるケアが必要になってきます。

認知症は日本では昔から「痴呆」と呼ばれてきましたが、2004年から「認知症」と呼ばれるようになりました。

認知症の初期症状としてよく知られている「もの忘れ」ですが、「加齢に伴うもの忘れ」は起きた事象の一部分を忘れてしまう症状のことなのに対し、「認知症によるもの忘れ」は起きた事象そのものを忘れてしまうという、大きな違いがあります。

例えば、「昨日スーパーで何を買ったか忘れた」という状態は「加齢に伴うもの忘れ」であるのに対し、「認知症によるもの忘れ」は「スーパーへ行ったこと」それ自体を忘れてしまうのです。

認知症の種類

認知症の種類としては、まず脳の神経細胞の異常が原因で起こる「変性性認知症」があります。

この「変性性認知症」には、よく知られたアルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症などがあります。この他に、脳梗塞など脳の血管の異常が原因で起こる「脳血管性認知症」、脳外傷や脳腫瘍、脳炎などで起こる認知症があります。

認知症で最も多いのは、変性性認知症の代表であるアルツハイマー型認知症で、全体の約50%を占めています。次いで脳血管性認知症およびレビー小体型認知症の20%で、これらは三大認知症と呼ばれています。